Gallery
毎日の靴下展 2019 A/W
◎皆様のご要望に応えて、hacuのキッズ靴下も一部取り扱います。
◎会期中、作家さんたちのワークショップを行います。(予約制/参加者募集中)
会期:2019年11月2日(土)〜24日(日) 無休

温もりのある靴下が恋しい季節がやってきました。
“私らしい”靴下を履いて過ごせば、一日の出来事がもっともっと楽しくなるはず。

そんな毎日の生活に彩りを添えてくれる、hacu、made in west、Kurome、pop.pop.pop.、French Bull、NISHIGUCHI KUTSUSHITA、サルビア、KURI BOTELLAの8つの人気ブランドの春夏の靴下を一堂に集めた期間限定ショップが、約3週間、兵庫・芦屋の複合ショップ「スペースR」にオープンします。

しかも今回、スペースRの2階・雑貨フロアと3階・ギャラリーの2つのフロアが、まるごと会場になります。
開場時間:
11:00〜21:00

会場:
「スペースR」 雑貨フロア(2階)、ギャラリー(3階)
兵庫県芦屋市茶屋之町1-12
TEL:0797-38-2949
URL:http://www.ryu-ryu.com

会場アクセス(google map/外部サイト)

交通:
芦屋駅南口に出て徒歩5分。国道2号線を越えてすぐ。
阪神芦屋駅より山側へ8分。
阪急芦屋川駅より南東へ15分。
車で阪神高速芦屋出口より5分。


女性らしさを引き立たせる、飽きのこないシンプルなデザインや履き心地のよい素材、ウキウキするような色や柄‥‥

レディースはもちろん、メンズやベビー、キッズなど‥‥
新作から定番まで幅広く取り揃えて販売します。

そのほか、靴下とあわせて楽しみたい、DOT MELTのヘアターバン、TAGAMIの木のアクセサリー、cascaの籐を使ったアクセサリーや小物、*ricottoのかぎ針編みのアクセサリー、made in westの丁寧でこだわりのあるタオル、こなもの作家・粉灯 ごうとさきこさんのお菓子なども販売します。

会期中、*ricottoさん、cascaさん、移動式喫茶店「えんがわ喫茶」さんによるワークショップやインスタグラマーsaeさんの写真の展示も行います。

ぜひお気に入りの靴下を探しに来てください。


◎皆様のご要望に応えて、hacuのキッズ靴下も一部取り扱います。
◎ギフトラッピングも承ります。
◎ワークショップ中も自由にご覧いただけます。


ワークショップのお知らせ

●*ricotto「ぽこぽこマットのワークショップ」(予約制)

秋冬らしい温かな糸でポコポコと凹凸のあるマットをかぎ針編みで編んでゆきます。
ポットを置いても、小鍋を置いても。

日時:11月5日(火)、6日(水) 10:30〜13:00
定員:各回6名様
参加費:4,200円(税別/材料費込)
持ち物:かぎ針8号、とじ針、ハサミ(レンタルあり)
※ご予約の際に希望の色味をお聞かせください。(グレー/ホワイト)
<予約お申し込みフォーム【1】>
https://www.secure-cloud.jp/sf/1395715634ZflGhXhn


●えんがわ喫茶「おいしいお茶の入れ方レッスン」(予約制)

気温が下がり、おうちの時間が楽しくなるこの季節、温かいお茶でほっこりしませんか?
自分好みに入れるコツをお伝えします。
香り高いお茶と立ちのぼる湯気とともに、お待ちしています。

日時:11月16日(土) 13:00〜14:30/15:00〜16:30
定員:各回5名様
参加費:2,500円(税込/お菓子、お茶のお土産付)
持ち物:特になし
※スプーンをお持ちいただくと自分の“さじ加減”が早く身につくかもしれません。
<予約お申し込みフォーム【2】>
https://www.secure-cloud.jp/sf/1401865231FxGpenDB


●casca「籐で編むお花のブローチ/ポニーフック」(予約制)

籐を使用してお花のモチーフを編みます。
染色して乾かし、ニスを塗り、ブローチかポニーフックに仕上げていただきます。
華やかながらも、控えめな色合いで、シックな装いにもカジュアルな装いにもマッチします。

日時:11月24日(日) 10:30〜13:00/14:00〜16:30
定員:各回5名様
参加費:3,500円(税別/材料費込)
持ち物:エプロン
※ご予約の際に希望のアイテムをお聞かせください。(ブローチ/ポニーフック)
<予約お申し込みフォーム【3】>
https://www.secure-cloud.jp/sf/1403247564DLzGcAyM


ワークショップのご予約方法:
WEBサイトのお申し込みフォームからご予約いただくか、お電話、店頭でお問い合わせください。

お問い合わせ先:
TEL:0797-38-2949(スペースR)まで。(11:00〜19:00)


■hacu(ハク)

hacuの頭文字、
「h」 home=家庭的
「a」 amuse=楽しませる
「c」 cute=かわいい
「u」 useful=使える
をコンセプトに商品作りをしています。
シンプルでちょっとかわいいオリジナル靴下はもちろん、テキスタイル作家さんとのコラボ商品も人気アイテムのひとつです。
愛知県江南市にある工場の敷地内の実店舗に加え、2019年3月に愛知県一宮市にも店舗をオープン。
WEB https://www.hacu.jp
Instagram  https://www.instagram.com/hacusan/
hacu ATELIER 2C IG https://www.instagram.com/hacuatelier2c/


■made in west(メイド イン ウエスト)

関西の企業とクリエイターがいっしょになって取り組む、あたらしいモノづくりのカタチ。
大量生産ではないけれど、元気で丁寧でこだわりのある製品づくり。
そんな関西の企業と、クリエイターが一緒になってブランドをスタートさせました。
両者が同じ立場で、それぞれの強みを活かし、いろいろなジャンルのオリジナルプロダクツを開発していきます。
made in westは、企業ブランディングやコラボレーションといった枠組みを超えて、モノづくりのプロセスを変えるあたらしい試みです。
WEB http://made-in-west.jp/
Instagram https://www.instagram.com/madeinwest_j/


■Kurome(クロメ)

“お気に入りのくつしたで、おでかけをもっと楽しく”
Kuromeは、靴下が好きなグラフィックデザイナーが運営する靴下ブランドです。
「おとなのカワイイくつした」をコンセプトに、オリジナル柄の靴下をデザイン・制作しています。
もちろんすべて国産。
可愛さと履き心地のよさを大事にした靴下を提案しています。
可愛いモノ、素敵なモノが好きな皆様に、Kuromeでお気に入りを見つけてみませんか?
WEB http://www.kuromesocks.com
Instagram https://www.instagram.com/kurome_robin/


■pop.pop.pop.(ポップポップポップ)

本田北斗とテキスタイルデザイナーの小枝ゆかによるユニット。
日常のひとコマをふんわりかわいく切り取って、ポップでカラフルなオリジナル商品を展開中。
音楽イベントやワークショップを企画。
WEB https://poppoppop1972.wixsite.com/mysite
Instagram https://www.instagram.com/pop.pop.pop_note/


■French Bull(フレンチブル)

日常にそっと寄り添うような心地のよさを感じる靴下。
フレンチブルの靴下は、本来はソックスにあまり使われないような上質な糸を使って丁寧に作っています。
まるでニットを編んでいるような感覚に近いのかもしれません。
春夏は麻、秋冬はウールをメインに足を優しく包み込む「ふわふわ」もあれば、頼もしさを覚える「がっしり」もあります。
風合いや質感は違えども、その心地の良さを感じていただけるはずです。
まるで大好きな洋服を手に取るようにお気に入りの靴下を選んでほしい。
日常が劇的に変わるわけではないけど、少しでも心地がいいと感じ、身につけたくなるようなものを作りたい。
今までもこれからもずっと。
WEB https://www.french-bull.jp
Instagram https://www.instagram.com/french_bull_/


■NISHIGUCHI KUTSUSHITA(ニシグチクツシタ)

1950年から靴下づくりをつづける日本のファクトリー。
「はくひとおもい」のキャッチコピーで、素材やデザイン、編み方や価格にいたるまで、「履く人のことを考えた比類ないものづくり」に徹している。
質な天然素材にこだわり、新旧の技術を組み合わせる。
長年培った経験から編み出される靴下は、時代にとらわれない本物の定番が並ぶ。
WEB http://11-11.jp
Instagram https://www.instagram.com/nishiguchikutsushita/


■サルビア

衣・食・住などの暮らしの中に、「こんなものがあったらいいな」をカタチにしていく活動体です。
2000年にグラフィックデザイナー・セキユリヲの個人的なものづくりから始めました。
現在は、「古きよきをあたらしく」をテーマに、日本国内の伝統工芸や地場産業など、作り手たちのこだわりの技術を生かしたものづくりをしています。
小冊子『季刊サルビア』の発刊を通して、ものづくりの楽しさを伝えています。
WEB http://salvia.jp
Instagram https://www.instagram.com/salvia_official/


■KURI BOTELLA(クリボテラ)

“like a girl,like a lady”
子どもの頃に喜んで履いたカラフルなタイツ、
大人の人が美しく履きこなす憧れのタイツ、
そんな思い出の中にある形をたぐり寄せるようにタイツを作りたい
というコンセプトのもと、2011年にブランドを設立。
WEB https://kuri-botella.com


■DOT MELT(ドットメルト)

「日常に溶け込む様な、その人に寄り添うモノづくり」
異素材の組み合わせの面白さや素材の表情を大切に、その時感じたものを一つ一つ自分の手でカタチにしています。
WEB http://www.dotmelt.com
Instagram https://www.instagram.com/dot_melt/


■TAGAMI(タガミ)

TAGAMIは、木をメインモチーフに現代の木工職人が、「整える事を楽しむ」をコンセプトに今の日常に適した新しい道具を提案しています。
木のアクセサリーをメインにお持ちいたします。
WEB  http://tagami10.net
Instagram  https://www.instagram.com/tagami__official/


■casca(カスカ)

籐(ラタン)を使って、モノづくりをしています。
籐編みは3年程前まで住んでいたマレーシアにいた頃に始めました。
大人の普段の装いにプラスできる、少しかわいい、ちょっとカッコいいを目指して、小さなモノから大きなモノまで、自由にモノづくりをしています。
Instagram https://www.instagram.com/casca_handmade/


■*ricotto(リコット) モリシマノリコ

子供のために編み始めたコモノたち。
「コドモノコモノ」をスタートに、生活に溶け込むようなhand knitアイテムやワークショップなどを中心に、knitting lifeをご提案しています。
サイズオーダー商品はご紹介制でお作りさせていただいています。
WEB http://ricotto.jp/
Instagram https://www.instagram.com/ricotto_knit/


■粉灯 ごうとさきこ

こなもの作家。
食べることのそばには季節を感じていたい。
くちの中で踊りだす食べ心地を楽しみたい。
素材の組み合わせでほんのすこし驚かせたい。
「おいしい」と笑顔はやっぱりうれしい。
そんなことを思いながら、「こなもの」を作っています。
出来る限りオーガニック、無農薬、国産のものを選び、日々の「こなもの」は植物性素材で。
時にはおいしいバターやチーズ、平飼いたまごを使うことも。
凛とした素材たちを素直に感じてもらえますように。
WEB http://cotou.net/
Instagram https://www.instagram.com/sakicona/


■えんがわ喫茶

はじめまして、移動式喫茶店「えんがわ喫茶」です。
日本茶を中心に、中国茶、紅茶、お抹茶をお出ししてます。
お茶を囲めば、そこが“えんがわ”になるようなお茶を入れたいと思っています。
Instagram https://www.instagram.com/engawa_kischa/


■sae(サエ)

何気ない日常を
儚く、美しく、
写真で残しています。
Instagram https://www.instagram.com/sae_1231/


撮影:sae(靴下、人物)
モデル:non
DOT MELT
TAGAMI
casca/*ricotto/えんがわ喫茶/粉灯