2010
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2009
2008
メッセージはこちらから
shim.gifshim.gifshim.gif
出かけるのは億劫な雨の日も、
外を眺めて過ごすには、晴れた日よりも退屈しない。
いつもより大きな川の音、
雨を巻き込んで走るクルマの「しゃ〜」って音、
濡れて反射する地面とそこに鈍く映る空や風、
傘傘傘 (かさ) が動いて通りを彩り、
町が浄化され、リセットして行く様。
雨でいつもより耳に触る音が多いはずなのに、
どこかシーンと、そして全てが響く様な神聖な感覚。

雨の日に感じること、
それは、染み渡って重く沈んだ光景の中で、
赤や青や黄色の原色とメタリック、
そこだけが発光しているかの様に映え、際立ち、美しいこと。

いつもと違う変化の在る日、変化の在る方が、
人の感覚も冴えるものなんだ。 と発見した或る雨の日。
035
「雨の日の過ごし方」
10.06.30.WED
nakano